研修制度

研修制度
未来の薬剤師たちが育ちあう!
充実した研修制度
新人薬剤師研修制度
  • 近接総合病院へ病院研修を実施。
    希望があれば長期病院研修も可能。
  • 病院薬剤師との合同発表会を開催(年1回)
  • 共同でSP(模擬患者)を利用した患者応対研修を実施(年2回)
職場づくり

従業員満足なくして患者さま満足はなし。
働きやすい職場づくりを目指し、自ら職場を変えていくための方法論を身につけられるよう研修会を開催。
同時に薬剤師と事務、相互のコミュニケーションを深めています。

近接総合病院 薬剤師との合同研修
  • 定例疾患・治療薬学習会(1年間シリーズ)
    患者さまからの相談事例など、実例を示しながら臨床をリアルに感じ取れるよう、病院出身のベテラン薬剤師がわかりやすくレクチャー。
  • 接遇研修、医療・介護保険制度学習会
  • 先輩薬剤師が新人薬剤師の良き相談相手となってくれます。
積極的な学会への参加

最新医療情報に触れることは大切です。学会、セミナーへの参加保障。(会社より参加出張費用支給有り)

<過去の発表歴>
  • 第18回医療薬学会
    「副作用共同モニター制度を活用した薬薬連携」
  • 糖尿病患者教育者セミナー
    「調剤薬局薬剤師による糖尿病療養指導の必要性」 etc.
全国に広がる交流・研修ネットワーク
  • 岐阜県、静岡県、石川県などの薬局と合同で研修会を実施。
  • 全日本民医連が開催する全国規模の研修会への参加。
  • 多くの薬剤師と交流することで、視野が広がります。
わかば薬局の薬剤師像

私たちをとりまくさまざまな要求に耳を傾け、主体的、創造的にものごとを考え、地域の人々との協同のいとなみに熱意と努力を払い、信頼をかちとれる薬剤師をめざします。

  1. 患者さま、利用者さま、お客さまの心を大切にうけとめることのできる薬剤師
  2. 人に共感できるコミュニケーショ能力を身につけた薬剤師
  3. 患者さま、利用者さま、お客さまの社会的背景を診られる薬剤師
  4. 安全を重視し、くすりを正しく評価できる薬剤師
  5. 「調剤室」に閉じこもることなく社会に目を向け、自らの責務を果たす薬剤師
  6. 事業の存続と発展に責任を担える薬剤師
【行動指針】
~医療活動~
  • 信頼される技術、能力、態度を身に付け、安全、安心、信頼の医療を提供します。
  • 医療・介護分野での新しい医学の成果に学び、事業内容の充実と向上に努めます。
  • グループファルマネットでは、薬の有効性・安全性・経済性を多面的に比較検討し、薬を正しく評価します。
  • 患者の権利章典を遵守し、だれでも、いつでも、安心して利用できる親切な医療活動を展開します。
~事業活動~
  • あらゆる事業活動を通じて、住みよい街づくりと豊かで健康的な社会づくりに取り組みます。
  • 協同による組織の意思決定と開かれた経営を基本に事業活動を展開し、地域社会との共存共栄を実現します。
  • 様々な活動を通じて利用者・地域ニーズの把握に努め、利用者・地域のご要望にお応えするサービスを提供します。
  • 地域の方々との懇談会、講師活動、地域行事にも積極的に参加します。
  • 多様な価値観の存在を受け入れます。
  • 人類の生命と健康を破壊する戦争に反対します。
~職場づくり~
  • 個人の創造力とチームワークの強みを最大限に発揮できる職場風土をつくります。
  • 情報を共有し風通しの良い職場をつくります。
  • 学びあい育ちあいの組織をつくります。
薬剤師の学び、育ち合いを支える
充実の最新設備

わかば薬局では、全自動錠剤・散剤分包機、調剤過誤防止システムなど、調剤過誤リスクを減少させる仕組みづくりに積極的に取り組んでいます。
全店舗に電子薬歴システムを導入。相互作用や副作用などさまざまなデータベースを駆使したチェック機能が充実している電子薬歴では、より服薬上の安全性を高めることができます。
注射無菌調製ができる「クリーンベンチ」、抗がん剤調製ができる「安全キャビネット」を備え、在宅ホスピス医療に積極的に取り組んでいます。
わかば薬局では患者さまのニーズに応えるため、スタッフの働きやすい環境づくりのため、今後も最新の設備を導入していく予定です。

機械1
機械1
機械1
PAGE TOP