病院からわかば薬局に転職

パートインタビュー01

2018年入社大島 百合恵

「転職の決め手は、体制の厚さ・子育てへの理解・多面展開・小回りが利くこと。」

病院からわかば薬局に転職しました。元職は当直があったので、産後続けるのが難しくなり、薬局への転職を決めました。
通勤しやすい薬局をいくつか検討した中で、わかば薬局に決めた理由は、人員体制が整っていること、小さい子供のいる薬剤師が在籍していること、在宅訪問や鍼灸院など多面的な事業展開をしていること。大きなチェーンに比べて小回りが利いて一つひとつの店舗の裁量が大きいのも魅力でした。

「病院との違い。薬局ならではのこと。」

薬局で働き始めてまず病院との違いを感じたのは、処方箋を受付事務が入力すること。入力ミスも監査する必要があることです。病院では、医師の指示が直接来ますから。それと、ジェネリックの多さ。病院だと、採用薬しかお渡ししませんが、薬局では患者様ニーズに合わせてお渡しします。
公費やお会計など、薬局にきて初めて接することもありましたが、わからなければ事務さんが教えてくれるので、不安になることはなかったです。
また、応需枚数の多い南生協病院が検査値を処方箋に掲載してくれているので、先生の処方意図がわかりやすいのもありがたいです。
病院との違いといえば、薬局では1回きりですべて伝える必要があります。病院では次の日に病室に行くこともできるし、看護師に依頼することもできる。薬局ではお急ぎの患者様もいるし、独居のお年寄りもいます。どのようにお伝えしてフォローしていけばよいか、模索中です。

子育てと仕事を両立しながら、わかば薬局で新たなキャリアを築いていきたい。

求人採用のエントリーはこちらから

求人採用/エントリー
Copyright 2019 Wakaba Pharmacy