お客様に寄り添える薬剤師に

社員インタビュー03

2017年入社神田 沙也加

「学生時代から始まるわかば薬局の研修」

大学4年生のとき、わかば薬局の奨学生になりました。毎月面談があって、リアルタイムの情報を聞けるので、入職後のことがイメージしやすかったです。あと、夏にある東海北陸7県の民医連薬局の奨学生合宿で学生同士のつながりができて、今でも近況報告をし合っています。
入社一年目は出張での研修にたくさん行かせて頂きました。あと、学会参加補助制度※1があるのも助かっています。どの学会に行ったらいいか、先輩にアドバイスをもらって決めています。去年は日本薬剤師会学術大会に行き、今年は日本医療薬学会に参加します。今年は会社の資格取得補助制度※2を利用して、妊娠・授乳サポート薬剤師の資格を取る予定です。

「生活に寄り添える薬剤師を目指す」

患者様に寄り添える、共感できる薬剤師でありたいと思っています。患者様に「親切だね、ありがとう」とおっしゃっていただいたとき、やりがいを感じます。服用できているか、食事や睡眠、排泄で困ったこと、副作用はないか、わかば薬局の薬剤師は患者様のお話を丁寧に聞くことを大切にしています。薬の知識をお伝えするだけでなく、食事も含めて予防・生活指導できるよう、勉強していきたいです。

※1… 一年に一回、参加費だけでなく、宿泊費や交通費も会社負担で、学会に行くことができます。
※2… 年間5万円を上限に、会社から補助があります。

学びを重ね、患者様の生活に寄り添える薬剤師になりたい

求人採用のエントリーはこちらから

求人採用/エントリー
Copyright 2019 Wakaba Pharmacy